カテゴリー別アーカイブ: 妊活について

夫婦二人の問題と考えて、愛を見出す

私たち夫婦は結婚してすぐから子どもを希望していましたが、4年半の間恵まれませんでした。「なんとか自然妊娠を」と思いまして、基礎体温を妻が記録していくくらいで、これまで病院に行くということをしてきませんでした。でも、やはり子どもが妻との間に欲しかったのです。

そして、妻にある日「不妊相談言ってみようか」と切り出しました。それが結婚から4年半になろうという頃でした。
妻も「実は少し前から切り出そうか迷っていた」というのです。お互いに気を使いすぎて切り出せなくなっていたわけです。

それを機に二人で地元の産婦人科に相談にいきました。その病院はタイミング療法のみだったので、実際にすることと言えばこれまでと同じように基礎体温を記録していくことでした。そして、排卵日の見当をつけて、その頃に受診して医師の指示でタイミングを計っていくというものでした。それと並行して、私の方は「男性の方に原因があることもあるから一応検査をしてください」と指示が出たものですから、精液検査をしてくれる病院を探して受診しました。検査の際、個室で自分の精液を採取する段取りを伝えられ、検査をしました。

結果、私の体に問題はないという事でした。一方、妻の方も受診を繰り返すうちに「排卵は正常に行われている様子」と言われ、お互いに自然妊娠が可能な体質であることは分かりました。それでも受精、あるいは着床に至らずここまで来ているのも事実です。ゆっくりいきましょう、と医師から励まされながらタイミングを取ってきました。

それから約半年、妻が妊娠しました。二人で喜んだのですが、正直、そこまではしんどいものがありました。本来愛し合って、セックスして子どもを授かるという過程を経る人が多いのでしょうが、そこに医療が介入することで無機質的で、愛を見出すことに必死になってしまいました。

もちろん、私たち夫婦よりも長い期間不妊治療を続けている人もいるし、他の方法をしている人もいるし、そういう人からすると「良いじゃない」という話になるのかもしれませんが、私たちは私たちの苦労を越えての妻の妊娠でした。そういう経験があるからか、あるいはなくてもそうなのかもしれませんが、命の尊さというものをすごく感じています。そんな私たちが、今、試してみているのがはぐマカです。