スキンケアで気を付けていること

2016-08-11_185528

敏感肌なので、スキンケアにはかなり気をつかっています。年間を通して肌が荒れやすいため、敏感肌用のスキンケア用品を使ってスキンケアをしています。メーカーは特に決めていませんが、もっと良いものがあるかもしれないと思い、時々メーカーを変更します。

敏感肌用の化粧品は、肌に低刺激なのが特徴です。香料や着色料、鉱物油や保存料が肌の刺激になりやすいため、それらの成分が入らない化粧品でケアをすると、肌の調子が良いです。

肌荒れは、季節の変わり目に特に起きやすいです。春先は花粉の影響で肌がかさかさしてかゆくなりやすいのですが、保湿に重点を置いたケアで乗り切っています。

肌がトラブルを起こしやすい時は、特に入念にスキンケアを行っていますが、洗顔はこすり洗いせず、泡で顔を包むようにして洗っています。肌の調子がよくないときには、洗顔料を使わず洗顔します。ニキビができているときは、ティーツリーオイル配合の石けんで顔を洗うとニキビが早く治ります。ニキビができている部分には、ティーツリーオイルを綿棒でつけておくと更に治りが早くなります。

肌のコンディションが良い時は、美肌の為にビタミンCの美容液をイオン導入器をつかって導入しています。APPSという安定型のビタミンC美容液は、そのまま使っても十分効果的なのですが、イオン導入することで更に効果が高まります。イオン導入する前にはイオン導出でクレンジングしておくと、その後の美容液が浸透しやすくなります。

肌の調子が良い時に積極的にケアしておくと、肌荒れしにくいです。又、内側からのスキンケアとして、ビタミン剤を服用しています。ビタミン剤を飲むようになって、更に肌荒れしにくくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です